ファーストメールとは、出会いサイトや恋活アプリを使用する際、マッチングで見つけた自分の好みの相手にアタックする、とても大切なメールです。

理想の相手と、楽しいメール交換ができるかどうか、交際まで発展する可能性を見いだせるかどうかを左右する重要なメールですから、じっくり内容を練って丁寧に作成しましょう。

社会人ならメールの基本マナーは守ろう

ファーストメールというのは、文字通り、相手と初めてコンタクトを取るためのメールだから、失礼のないようにすることが大前提です。

ビジネスメールのように、カッチリとしたメールを送る必要はありませんし、これをやったら逆に敬遠されてしまいます。かといって、普段、友達との間でやりとしているような軽い言い回しや、LINEのようにチャット感覚の短文メールも避けるべきです。もちろん、短編小説ばりの長文メールもダメ。もらった相手は気持ち悪いだけです。

「初心者だから」なんて言い訳は、相手に一切通用しません。その相手に対して1度失敗したら、次がないわけですからね。

それでは、下記にファーストメールで守っておきたいルールを記載してみます。

自分の名前を名乗り、挨拶をする

自分からファーストメールをおくる場合も、相手から届いたメールに初めて返信する際も、自分の名前やニックネームを名乗って、挨拶をしましょう。

「はじめまして。○○です。」「メールどうもありがとう。○○です。」などなど。基本のキですが、時々名前なしで本題から入る人もいるので、ビックリします。友達同士だったら問題ないんですけれどね。

スマホを考慮して段落を分ける

パソコンメールが主流の時代は「全角35文字程度か、それ以内の適当なところで改行を入れましょう」という常識がありましたが、今やスマートフォンで閲覧するのが大半。

また、段落を分けただけではちょっと不十分なので、段落+改行(改行を2回)とすると断然読みやすくなりますよ。

句読点、顔文字、感嘆符でメリハリ

LINEやチャットだと、句読点はあまり重視されません。この場合は、文章ではなく「会話」だから、句読点あるなしにこだわる人は、そうそういませんね。

ところが、ファーストメールは「会話」ではなく「文章」。句読点なしに、ただズラズラと文字が並んでいると、非常に読みにくいし目が滑ります。読む気もしなくなります。

読み手のことを考えてメリハリをつけてあげるのが、読まれるメールの秘訣。句読点はもちろん、顔文字や感嘆符もうまく組み合わせて、相手が読みやすくなるように気を配ってあげましょう。ファーストメールでの顔文字の使いすぎは、逆効果になるので気を付けて。

横柄な言葉づかいは避ける

お互いに慣れてくるまで、タメ口は避けた方が無難です。

「敬語だと堅苦しいからイヤ」という人も中にはいるのですが、ファーストメールを送る相手は、見ず知らずの人と呼んでも過言ではないので、何通かメール交換をするまでは、例え年下相手でも丁寧語を使うようにしましょう。

もちろん、ニックネームの呼び捨ては論外ですし、横柄な言葉づかいだったり、大学生用語、2ch用語、なんj語もやめましょう。

小さい「ゎ」関連は不快でしかない

主語の後に続く小さい文字の「ゎ」。本人はかわいいつもりで使っていると思いますが、これは不快以外のなにものでもないので、本気で出会いを探しているなら絶対にNGです。

  • 今日ゎ楽しかった
  • まぢですょ
  • うちゎ
  • ゎたしはもぉ
  • ゆわれるー

最近は、さすがに一時期より見かけなくなりましたが、まだいますね…。
こんな秀逸の小文字入りメールであれば、話は別ですが。

メロスゎ走った…… セリヌンティウスがまってる…… でも……もぅつかれちゃった…でも…… あきらめるのょくなぃって…… メロスゎ……ぉもって……がんばった……でも……ネイル…われて……イタイょ……ゴメン……まにあわなかった……でも……メロスとセリヌンゎ……ズッ友だょ……!!

引用:はしご @haxigo

いかがでしたか?

相手を不快にさせない、基本的なファーストメールのマナーやルールが守れてこそ初めて、アプローチした人にメールを読んでもらえるようになるし、次のやりとりに繋がります。

ネット上だから何でもありでしょ?なんて考えている人も、未だにいるようですが、ネットだろうがリアルだろうが、非常識な人はモテないので注意しましょう。

スポンサードリンク
コメントを残す

関連キーワード
メールの書き方の関連記事
  • ファーストメール送信前の客観的な文言チェックで魅力度を高める
  • 手抜き感しかない!女性が嫌うコピペバレバレメール
  • サンプルを見ながらファーストメールの書き方を詳細解説
  • ファーストメールの返信率を爆上げする4つの鉄則
  • 恋活サイトで役立つ!ファーストメールのマナーとルール
おすすめの記事