出会いメールの書き方HOME > ラブサーチ攻略

ラブサーチ完全攻略法

2001年にサイトを開設し、2012年に11周年を迎えたラブサーチは、出会い系サイトの草分け的存在でもあります。

悪質なサクラ&やらせの出会い系が蔓延するずっと以前から、現在に至るまで健全な運営を続けており、女性にも大人気!信頼性も抜群です。
ここでは、ラブサーチでメル友や恋人、結婚相手に出会うためのコツや使い方、メールの書き方などラブサーチの魅力を解説していきます。

ラブサーチは出会い業者届出済み

2008年12月に出会いサイト規制法が改正され、すべての出会い系サイト&結婚サイトの事業者は出会い業者の届出が必須となりました。出会い業者の届出がなされていない出会いサイトは、法的に認められていない悪質な出会い業者です。ラブサーチは当然、出会い業者の届出済みで、法律を遵守した健全な出会いサイトといえます。


ラブサーチはこんな人にオススメ

ラブサーチは、本当に出会える優良サイトです。だから、「誰でもいいからメールだけ来ればいいや」と、出会う相手の質を考えず、速攻での結果を重視している人には不向きなので、そういうサイトに登録したほうが良いでしょう。

ラブサーチは本物の出会いがあるサイトだからこそ、「焦らずに良い出会いを探したい」という気持ちで利用することが大切です。ラブサーチを退会して他の出会いサイトに浮気をしても「やっぱりラブサーチが一番」と戻ってくる会員が多いといえば、ラブサーチの魅力を理解してもらえるかと思います。


ラブサーチは男性定額制&女性無料

出会いサイト選びをする際に気になるのは、やはり会費。ラブサーチの場合、使いすぎの心配や架空・不正請求といった料金トラブルのない、男性は月額固定制、女性は無料というシステムを採用していて、サイト内のすべてのサービスは使い放題です。

定額制のため、社会人の割合が多いのも特長。無料のゲームやアバターといった遊びのコンテンツありませんが、その分「とにかく、リアルな出会いを見つけて欲しい」という1点にこだわった機能が多く、大人向けのサイトと言えます。


ラブサーチ完全攻略メニュー



今がチャンス!1ヶ月あたり2800円→2000円で使えるプラン登場


[ 最初の記事 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 91011 最後の記事 ]

ラブサーチ基本データ

項目
内容
安全性チェック
サイト開設日 2001年1月
会員の比率 男性45:女性55
カテゴリー 出会い&コミュニティ
料金種別 完全定額制(月額固定)
サイト利用料金 男性/月2800円(6ヶ月プランは月2000円)、女性/完全無料
年齢制限 18歳以上(高校生不可)
規正法への対応 18歳以上の確認あり
会社概要の掲載 トップページよりリンクあり
特商法取引の掲載 トップページよりリンクあり
出会い業者届出 トップページに番号記載
会員規約の掲載 トップページよりリンクあり
電気通信事業者の届出 総務省に届出済。番号記載
登録商標 ラブサーチで取得。番号掲載
大手雑誌紹介 多数あり
セキュリティ ベリサイン、McAfee、WebAlert
個人情報保護 TRUSTe取得あり
プライバシーポリシー 個人情報保護法を遵守の上策定
ラブサーチ・安全性レベル 


ラブサーチでは、料金体系や利用規約等がトップページで明確に表記またはリンクされています。また、サポートセンターに会費についての問い合わせメールを送信したところ、丁寧で分かりやすい返信が届いたことから、運営スタイルと安全性は最高レベルの出会いサイトと評価できます。

●ラブサーチをチェックしてみよう●

▲UP


出会いメール基礎編

出会いメール中級編

出会いメール上級編

ラブサーチ攻略法

悪質な出会いサイト

出会いメール体験談

相互リンク

出会いサイト選びならココ

恋人探しのラブサーチ
出会いラブサーチ

SEDAなど20〜30代の女性ファッション誌にも広告を掲載するなど、女性からの人気も高い安全&安心出会い系サイト。会員の出会い体験談も写真付きで紹介されているから、本物間違いなし!友達探しから気軽に始められるのも魅力のひとつ。

はじめ〜る
無料でメル友を探すならココ!悪質会員の取り締まりも徹底しているし、初心者や女性にも優しい。

出会いサイト鑑定団
多数のサイトが揃うけど、健全さで考えれば「まじめ」「結婚」がオススメ。

悪質サイトレスキュー

「サクラサイトに登録したかも?」「登録した出会いサイトに高額の請求をされた」という場合は、慌てずに以下のお役立ちサイトで情報をチェック!

悪徳出会いレスキュー
WEB110
国民生活センター
警視庁インターネット安全・安心
警察相談電話番号
出会いサイト規制法
特定商取引法

ツークリック詐欺

ツークリックも結局はワンクリ詐欺と同じ手口なのですが、悪質業者も考えたものです。ワンクリの場合は、電子消費者契約法の以下に違反していました。

「有料の申込みであることが明瞭に分かるような広告表示」

ツークリック詐欺は、利用者に対して「電子消費者契約法に基づいたものですよ」と思い込ませて、支払請求を無視できなくさせているという点が紛らわしいところ。

ワンクリック詐欺と違うところは、一度目のボタンを押しても、即、登録に繋がらないという点。その代わり、ボタンを押すと、ポップアップで年齢認証や利用規約の同意画面を表示させることで、安心感を与えます。

ツークリック詐欺では、民法95条の「錯誤による無効」の主張が可能なので、支払に応じる必要はなく、無視しておくのが良いでしょう。

間違っても悪質サイト運営者に「操作を間違えたのですが、登録を取り消してください」などとメールしないようにして下さい。