出会いメールの書き方HOME > ラブサーチ攻略 > ラブほめを使ってメールのきっかけ作り

出会いのラブサーチ完全攻略法

 会員が大勢いると、「この人いいな」と思う人もたくさん出てくるもの。例えば「面白い文章を書く人だな」「いつも素敵な写真を載せているなあ」など、恋人や結婚相手とまでは考えられなくても、気になる存在の人って結構いますよね。そんな時に、さりげなく自分の存在をアピールできるのが、この機能なのです。

[ 最初の記事 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9101112 最後の記事 ]

[11]ラブほめで、さりげなくメールのきっかけ作りをしよう


 プロフィールや写真、日記、ラブログ投稿、チャットでのおしゃべりなど、とにかく相手に対して「この人いいな♪」と思った時、簡単に気持ちを伝えられるのが「ラブほめ」。

 メッセージの送信は一切不要!クリックひとつで、「私は、あなたのこと『なんか感じいい人だな!』って意識しているんですよ」と伝えられるので、とても便利。大量の異性にばらまいているコピペメールをもらうより、女性としては、ノンメッセージでラブほめをしてもらったほうが、余程嬉しいっていう気持ちになるんじゃないかと思います。

 ラブほめの良いところは、ラブほめをした相手は、高い確率で自分のプロフィールを見てくれるという点。

 ラブほめをすると、相手のラブほめリストに「○○さんがプロフィールにラブほめしました」などと表記されます。そして、ラブほめしてくれた人のプロフィールにリンクされる、という仕組みになっているのですが、自分をほめてくれた人はどんな人なのかな?と興味を持ってしまうのが人の性σ(゚∀゚*)これぞ、ラブほめの真骨頂なのです。

 また「相手のどこが気に入ったのか」を示すことができる点も魅力です。写真に対してラブほめがあれば、「ああ、この人は写真を気に入ってくれたんだ」と思えるし、「日記」「ラブログ」とあれば「自分の投稿を読んでくれているんだー」となります。これだけで、親近感も上昇ですよ。

 ラブほめをする際、相手が日記やラブログなどを利用していれば、それらに対してラブほめするのがおすすめです。日記やラブログなどの投稿系に力を入れている人であれば、プロフィールをラブほめされるよりも、嬉しさが断然違ってきますから。

 ラブほめをすると、高い確率でメールなりラブログの掲示板なりに、相手からお礼のメッセージが届きます。ラブほめした後に、ほめた理由を添えて積極的にメールを送るのも良いのですが、相手からのアクションを待つのもひとつの方法です。「ラブほめしてくれたのに、メールが届かないなあ。どうしてかな?」なんて、相手がじれったく感じていればしめたものです。相手からのお礼が届いた後は、ラブほめした理由に加えて、相手と共感できそうな話を振っていけば、その後のメールも続きやすいと思いますよ。

 すでに、ラブほめがきっかけで交際に発展したカップルも誕生しているくらいなので、マッチング&メールしか利用したことがない人は、ぜひ利用してみてください。ただし、同じ相手に対して、理由もなく何度もラブほめするのは逆効果。ストーカーっぽく捉えられてしまいますよ。

ラブほめのポイント

(1)気になる相手を見つけたら気軽にラブほめしよう
(2)プロフィール以外の項目でもラブほめ
(3)メールにはラブほめした理由も記載しておこう

●出会いのラブサーチをチェックしてみよう●


[ 最初の記事 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9101112 最後の記事 ]


ラブサーチ完全攻略メニュー


出会いメール基礎編

出会いメール中級編

出会いメール上級編

ラブサーチ攻略法

悪質な出会いサイト

出会いメール体験談

相互リンク

出会いサイト選びならココ

はじめ〜る
無料でメル友を探すならココ!悪質会員の取り締まりも徹底しているし、初心者や女性にも優しい。

出会いサイト鑑定団
多数のサイトが揃うけど、健全さで考えれば「まじめ」「結婚」がオススメ。

悪質サイトレスキュー

「サクラサイトに登録したかも?」「登録した出会いサイトに高額の請求をされた」という場合は、慌てずに以下のお役立ちサイトで情報をチェック!

悪徳出会いレスキュー
WEB110
国民生活センター
警視庁インターネット安全・安心
警察相談電話番号
出会いサイト規制法
特定商取引法

ツークリック詐欺

ツークリックも結局はワンクリ詐欺と同じ手口なのですが、悪質業者も考えたものです。ワンクリの場合は、電子消費者契約法の以下に違反していました。

「有料の申込みであることが明瞭に分かるような広告表示」

ツークリック詐欺は、利用者に対して「電子消費者契約法に基づいたものですよ」と思い込ませて、支払請求を無視できなくさせているという点が紛らわしいところ。

ワンクリック詐欺と違うところは、一度目のボタンを押しても、即、登録に繋がらないという点。その代わり、ボタンを押すと、ポップアップで年齢認証や利用規約の同意画面を表示させることで、安心感を与えます。

ツークリック詐欺では、民法95条の「錯誤による無効」の主張が可能なので、支払に応じる必要はなく、無視しておくのが良いでしょう。

間違っても悪質サイト運営者に「操作を間違えたのですが、登録を取り消してください」などとメールしないようにして下さい。