出会いメールの書き方HOME > ラブサーチ攻略 > 開設以来12年間サクラゼロ

出会いのラブサーチ完全攻略法

出会いサイトで相手を見つけるには「サクラゼロ」のサイトに登録することが必須。出会えないことを前提としたサクラサイトに登録していては意味がありません。ラブサーチは、12年間サクラゼロの健全運営なのが魅力です。

[ 最初の記事 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9101112 最後の記事 ]

[2]ラブサーチは開設以来12年間サクラゼロ!


ラブサーチのトップページで「サクラゼロ」宣言をしている通り、ラブサーチに登録している女性はすべて、出会いを求める一般の女性。サクラは一切、存在しません。
定額制の出会いサイトなので、ポイント制サイトとは異なり、ラブサーチサイドがサクラを使うメリットはまったくないんですよね。

会員の中には、サクラサイトや悪質なポイントサイトに騙されて、出会いサイトを漂流したあげく、ようやくラブサーチに辿り着いた!という人も結構います。「もっと早くラブサを知っていればなあ」なんていう話も、ラブログ内で見つけることができます。

最近、サクラサイトがどんどん摘発をされていますが、最終的にはヤラセのない健全運営の出会いサイトだけが残る...ということでしょう。

▲ラブサーチのトップページと会員専用画面

ラブサーチがサクラゼロである根拠

サクラゼロと書いている出会いサイトは、掃いて捨てるほどたくさんありますが、どれも客観的に判定できる根拠は一切ありません。根拠どころは、実際はサクラ満開なのに「サクラゼロ」と書いてある出会い系が大半なので、コレに騙されてはいけません。

ラブサーチの場合は、サクラゼロと言い切れる根拠があります。

(1)会員有志のオフ会が開催されている
会員同士が企画して集まるオフ会が、全国各地で開催されている点。
サクラサイトができるのは、せいぜいサイト側で用意したコラボレーションパーティくらい。サクラを使っている出会いサイトでは、会員有志でのオフ会を開催することが不可能なのです。
[注]オフ会の意味がわからない人は、e-wordsを確認してみましょう!

(2)コミュニティ機能で情報が筒ぬけ
メールベースで、しかも異性としか情報交換できないサイトの場合。男性側は女性会員の動きを把握することが不可能で、相手がサクラなのかどうなのか…という情報をサイト内で交換することはできません。
ラブサーチは、ラブログやラブコミ、チャットなどを使えば、男女問わずやりとりができるので、会員には情報が筒抜け。サクラを使うなどの悪質な運営をすれば、あっと言う間に会員に情報が漏れてしまいます。

(3)現役会員を「会員モデル」として起用
サイトのイメージキャラクターとして「タレント」を起用している出会い系サイトはたくさんありますが、ラブサーチの場合は、多数の応募の中から5名もの現役会員を読モならぬ「ラブモ」として起用。
この企画は、2010年に実施されたものですが、やらせがないサクラゼロサイトだからこそ、実現できることなんですね(この企画は終了したようです)。

ラブサーチの安心安全ポイント

(1)会員企画のオフ会開催はサクラゼロの証明
(2)サクラゼロだからコミュニティ機能が設置できる
(3)会員モデル「ラブモ起用」もサクラゼロだからこそ
(4)開設12年&口コミ人気はダテじゃない!

●出会いのラブサーチをチェックしてみよう●


[ 最初の記事 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9101112 最後の記事 ]


ラブサーチ完全攻略メニュー


出会いメール基礎編

出会いメール中級編

出会いメール上級編

ラブサーチ攻略法

悪質な出会いサイト

出会いメール体験談

相互リンク

出会いサイト選びならココ

はじめ〜る
無料でメル友を探すならココ!悪質会員の取り締まりも徹底しているし、初心者や女性にも優しい。

出会いサイト鑑定団
多数のサイトが揃うけど、健全さで考えれば「まじめ」「結婚」がオススメ。

悪質サイトレスキュー

「サクラサイトに登録したかも?」「登録した出会いサイトに高額の請求をされた」という場合は、慌てずに以下のお役立ちサイトで情報をチェック!

悪徳出会いレスキュー
WEB110
夢なら
悪徳サーチ
国民生活センター
警視庁インターネット安全・安心
警察相談電話番号
出会いサイト規制法
特定商取引法

ツークリック詐欺

ツークリックも結局はワンクリ詐欺と同じ手口なのですが、悪質業者も考えたものです。ワンクリの場合は、電子消費者契約法の以下に違反していました。

「有料の申込みであることが明瞭に分かるような広告表示」

ツークリック詐欺は、利用者に対して「電子消費者契約法に基づいたものですよ」と思い込ませて、支払請求を無視できなくさせているという点が紛らわしいところ。

ワンクリック詐欺と違うところは、一度目のボタンを押しても、即、登録に繋がらないという点。その代わり、ボタンを押すと、ポップアップで年齢認証や利用規約の同意画面を表示させることで、安心感を与えます。

ツークリック詐欺では、民法95条の「錯誤による無効」の主張が可能なので、支払に応じる必要はなく、無視しておくのが良いでしょう。

間違っても悪質サイト運営者に「操作を間違えたのですが、登録を取り消してください」などとメールしないようにして下さい。