HOME > 出会いメール中級編 > 物足りないメール

物足りないメールを脱出

いざメール交換がスタートしても、自分が期待していたような返事が来ないなど、思い描いていたようなメール交換ができない…そんな時には、相手から来たメール、そしてそのメールに対して自分がレスをしたメールをもう1度読み返してください。あなたのメールは、相手をワクワクさせていますか?

ひと目で分かるチェックポイント!

1)メールが続いても相手が楽しいと思っているかは分からない
2)楽しいと思ってもらうには会話のキャッチボールが必須条件


ジロー

メールを送って返信までの日数が開いちゃうっていうことは、こっちから送ったメールをそれほど楽しみにしていないということでしょうか。

先生

送った時のタイミングもあると思うんですよ。

たまたまその時、相手がすごく忙しかった…ということもあるし、いつも割と返事が遅めという人なら、もともとそういうペースの人でしょう。

ただ、「メール交換はしているけど、さほど楽しいとは思っていない」そういうことも考えられなくはないですね。

メールの返事が待ち遠しくて仕方がない!という相手の場合は、 その相手から返事が来れば、どんなに忙しかろうが「返事返事♪早速、返事書かなくちゃ」って気分になります。

ただ、正直なところ、普通のメル友だとか、相手のメールにそこまで魅力を感じない場合だと、 忙しかったり気分がのらないと「明日にしようかな」とは思いますね。

ジロー

メールに魅力を感じられないのは、どういう場合なんでしょうか?

忙しいときや気分がのらないときは返事が遅れても、とりあえずまがりなりにもメールが来るということは、嫌われてはいないはずですよね。

何かが足りないから後回しになると思うんです。

先生

まず、考えられるのは、相手が「話が噛み合わない」と感じていたり「会話(メール)のテンポやノリが合わない」と感じているということ。テンポやノリがあわない人とメールをするのは楽しくないし、飽きますから。

ジロー

会話のキャッチボールができていないということも言えますか?例えば、相手からのメールに何か質問があったとしても、それをスルーしてしまって、自分の言いたいことだけを書いてしまっている、とか。

先生

そうですね。

会話のキャッチボールは、メールを続ける上での基本項目。だからと言って「質問→回答→質問→回答」を続けるだけでいいのか?といえばそうではありません。

会話のキャッチボールというと難しく感じる人がいるかも知れませんが、リアルな会話でも同じことですよね?

ポンポンと会話が弾む人もいれば、なぜか話が途切れてしまう人もいます。こちらが口を挟む暇もなく、一方的にベラベラと話す人もいる。それとまったく同じことなんですよ。

ジロー

なるほど。

確かに「こいつと話していると面白い!いつまで話していても飽きない」という人はいるし、ベラベラ話すけど全然楽しくないという人もいます。

メールでも結局同じなんですね。

「いつまで話していても飽きない」と思わせれば、相手は自分のメールを楽しみにしてくれるし、早く返信も届く…。でも実際、いつまでも飽きないと思わせるのは難しくないですか?誰もがそういうテクニックを持っているわけではないですし。

先生

いえいえ、そんなに難しいことではありませんよ。大切なのは、話術ではなくて、ひとつのネタをいかに二人で膨らませていけるかということ。

次の項目では、会話の膨らませ方についてお話することにしましょう。

▲上へ


出会いメール基礎編

出会いメール中級編

出会いメール上級編

悪質な出会いサイトに注意

出会いメール体験談

相互リンク


オフ会&パーティで出会い

PARTY☆PARTY

ゆっくり会話ができる顧客満足度No.1の「個室お見合い」も毎週開催!女性にも大人気のハイクオリティな婚活パーティ。今年こそは結婚したい。でも、マッチングは面倒…という人におすすめ。

出会い系ラブサーチ
出会いラブサーチ

会員同士のオフ会でも、カップル続々誕生中!写真付きの交際報告が、リアルに出会えることを証明しています。マッチングの他、多彩なコミュニケーション機能で、友達や恋人に出会えるチャンスが多いサイトです。
完全攻略法を見る