HOME > プロフィール登録する > 証明書提出で安心感を(2)

真剣な出会いを求めるなら証明書で安心感を

出会い系、婚活サイトに関わらず、異性紹介事業サイトに対しては、利用者に対して18歳以上の確認が法律で義務付けられています。これは18歳未満の児童保護が目的ですが、それとは別に結婚情報サイトでは、本人確認の証明書提出が必要な場合もあります。証明書提出は、相手に対して大きな信頼性を与え、メール返信率アップに繋がります。

[ 最初の記事 1 | 2 最後の記事 ]

[2]初めて会うときは身分証明書を見せよう


ジロー

相手を疑っているわけじゃないけど、インターネットでの出会いだから、いろいろ心配だというわけですね。それを払拭するために、お互いの身分証を確認し合いたい…と。

先生

そうですね。より安心したい!安心して、その相手と交際をスタートさせたい!ということになりますね。

結婚情報サイトではなくて、メル友から始まるような出会いサイトでも、相手と巡り会ってメールを続けて、いざ『会いましょう』となったとき、相手が本当に存在する人なのかどうか、今後も付き合っていける相手なのかどうか確認したいと思うんです。

真剣に出会いたいからこそ、身分証明書を見て安心したいわけ。

ジロー

その点、最初から身分証明書が提出されていて、身分証マークがついている相手なら、そういう心配もないんでしょうけどね…。

先生

証明書マークがついている会員に対しては、身元について疑うことはないですからね。その会員に対しての安心感というのは大きい。

だから、「自分はきちんとした身元の人間だから大丈夫!」とアピールしたいのであれば、身分証明書を提出しておくことをオススメします。提出する手間はあるけれど…女性に対して安心感や信頼性を与えるのに、これほど大きな武器はありません。

ジロー

真剣な出会いを求めていれば求めているほど、自分の身分を明らかにしておくということですね。

先生

そうですね。身分証明書の提出はイヤだなあという場合でも、本命の人が見つかって「そろそろ会いましょうか」という話になったら、自分から進んで身分証明書を相手に見せてあげる。

これだけで、相手からの信頼は絶大なものになりますよ。

ただ、相手から「身分証明書を見せてほしいから、メールで送って」とリクエストされても、絶対にこれに応えてはいけません。写メで送った自分の身分証が、どこでどんな風に利用されるかわかりませんからね。

[ 最初の記事 1 | 2 最後の記事 ]



結婚を考える人に

ブライダルネット

有名なインターネット結婚情報サービス。毎週開催されるリアルなパーティ&イベントが、出会いを後押ししてくれます。本気度の高い会員ばかりなので結婚願望が強い人にオススメ。

ツークリック詐欺

ツークリックも結局はワンクリ詐欺と同じ手口なのですが、悪質業者も考えたものです。ワンクリの場合は、電子消費者契約法の以下に違反していました。

「有料の申込みであることが明瞭に分かるような広告表示」

ツークリック詐欺は、利用者に対して「電子消費者契約法に基づいたものですよ」と思い込ませて、支払請求を無視できなくさせているという点が紛らわしいところ。

ワンクリック詐欺と違うところは、一度目のボタンを押しても、即、登録に繋がらないという点。その代わり、ボタンを押すと、ポップアップで年齢認証や利用規約の同意画面を表示させることで、安心感を与えます。

ツークリック詐欺では、民法95条の「錯誤による無効」の主張が可能なので、支払に応じる必要はなく、無視しておくのが良いでしょう。

間違っても悪質サイト運営者に「操作を間違えたのですが、登録を取り消してください」などとメールしないようにして下さい。