HOME > プロフィール登録する > ターゲットを定めたメッセージ

ターゲットを定めたメッセージの書き方

女性が嫌がるのは「誰に送っても違和感なく読めてしまう」メッセージです。ありふれた言葉を並べてしまったため、コピペじゃないのにコピペメールと勘違いされてしまったことはありませんか?
メッセージを送る相手のターゲットを絞り込み「あなただけにアプローチしています」と感じさせれば、メールの返信率が驚くほど変わります。

ターゲットを定めたメッセージの書き方

(1)自分のタイプをしっかりと思い浮かべて書く
(2)たったひとりを想像しながら口説くつもりで書く
(3)自分のキャラクターをイメージしてもらえるような言葉を入れる
(4)誰に送っても大丈夫なメッセージは、誰の心も掴めない


[ 最初の記事 1 | 2 | 3 最後の記事 ]

[1]自分のタイプだけに語りかける


先生

メッセージや自己PR文は誠実に個性的に」では、ジローくんが最初に書いた自己PRに対して

(1)いいと思うけど特長がない文章
(2)誰に送っても違和感がない文章

という2点を指摘したと思います。

ありがちなメッセージというのは相手を不快にさせることもないし、かといって印象に残ることもない…という、とても厄介なものなのです。
メッセージがありがちになってしまう大きな原因は、「出会いたい&メールしたい」相手のターゲットを定めていないからなんですよ。

ジロー

タイプの女性がいないわけではないけど、それよりも「誰かから返事が来て欲しい」ということを優先させてしまうんですよね…。

ターゲットを絞るなんて、そんな贅沢は言ってられない!何でもいいから返事ちょうだい!みたいな感じです。

先生

出会いサイトは相変わらず女性有利ですからね。

男性は「とにかくメールを!」「贅沢言わないですから」って謙虚なのですが、女性の場合は「そこまで望むか!」というくらいに自分のタイプがはっきり書いてあったりします。
さすがの私も「ちょっと、あなた何様ですか?」と言いたくなるほど、高い条件を並べている人もいますから。

結局は「誰でも何でもOKです」という姿勢でメッセージを作るから、相手の心に届きにくくなってしまうんですよね。

この際「誰でもいい」という考えは捨てて、もっと素直になってみる。
自分はどんな相手を狙うのか。どんなタイプがOKで、どんな相手がNGなのかをはっきりさせておくこと。もちろん、はっきりさせるといっても、高飛車になるのはダメですよ。

出会い系や結婚サイトのメッセージを読んで感じるのは「この人って結局、どんな人がタイプなのかな。誰でもいいのかな」ってことなんです。

誰もが同じようなことを書いているから、多くの女性がその男性の希望している相手として当てはまるし、ぴったりと当てはまらないとも言えます。

メッセージというのは、不特定多数の人向けに作る必要はありません。不特定多数の人向けのメッセージって言うのは、先ほども言いましたが、結局は誰にも伝わらないし、誰の心にも響かないのです。

だから、自分の属性に合った人の心だけに「スコーン」と入り込みそうな言葉やキーワードを意識して入れてみる。

ジロー

スコーンと…ですか。
それって、結構高度なテクニックですよね…。
例えば、どんな風にすれば良いのでしょうか?

[ 最初の記事 1 | 2 | 3 最後の記事 ]


メール主体の出会い

ユーブライド
ライブドア運営の婚活サイト。入会無料で、相手が見つかった時にチケットで支払うか、31日間の定額プランかを選べます。お金をあまりかけずに婚活したい人にピッタリ。

ヤフーパートナー
定額制の出会い系サイト。ヤフー運営だけに安全性は高く、マッチングとメール交換のみのシンプルな機能なので、コミュニケーションを重視しない人やシニア層も使いやすいはず。登録と定型メール送信のみは無料だけど、真剣に恋人探しをするなら最初から有料登録を。特に男性の場合、定型文メールのアプローチを嫌い女性も多いので、無料のままの利用は不利になるケースも。

出会い探しに役立つ

メル友ランキング
比較的健全出会いサイトが揃っているランキング。安心して利用できる。

出会いサイト鑑定団
多数のサイトが揃うけど、健全さで考えれば「まじめ」「結婚」がオススメ。

はじめ〜る
無料でメル友を探すならココ!悪質会員の取り締まりも徹底しているし、初心者や女性にも優しい。