HOME > 嫌われるNGメール > 自己完結メール

自己完結メール

メールで大切なのは「会話のキャッチボール」。これが成立しないようでは、お互いにメール交換をしている意味がありません。自己完結メールというのは、言わばボールを持ったままだったり、投げても見当違いの方向に飛んでいったままの状態となります。これでは、相手が返事のしようがありません。

ひと目で分かるチェックポイント!

1)会話のキャッチボールを意識したメールを作成する
2)日記ではなく、その先に相手がいることを意識すること


先生

表現が悪いのですが、小学生の日記のようなメール。
1日の行動を綴っただけ…という感じですね。

○○さん、はじめまして。

生まれて初めてこういうサイトを使ってみました。

僕は福岡市に住んでいて、実家の近くですが1人暮らしをしています。休みの日はドライブに行ったり映画を見たり、家でゴロゴロしています。つい先日、ひとりで紅葉を見に行ってきました。とてもきれいだったのでデジカメで写真も撮ってきました!

それでは、お返事をお待ちしています。


ジロー

本当ですね…。小学生くらいの頃、夏休みの日記なんかで、こんな文章書いていたような気がする。

先生

文章の上手い下手が問題になっているわけではないんですよ。
このメールを見ると、文章すべてが自己完結しちゃっていて、メールを受け取った側が、どう返事を書いていいのかとても悩んでしまう。

ジロー

ああ、なるほど。
相手に対する問いかけのようなものが見当たりませんね。

先生

例えば

『つい先日、ひとりで紅葉を見に行ってきました。とてもきれいだったのでデジカメで写真も撮ってきました!』 という一文。

私だったらこうします。

『 つい先日、×××へ紅葉を見に行ってきました。さすが×××、すごい人でしたよ!○○さんは今年、紅葉狩りに行かれましたか?よかったらデジカメで撮った×××の写真を見せますから、いつでも言ってくださいね!』

相手が返事を書きやすいように、何か質問を投げてあげる。

ジロー

メールは言葉のキャッチボールなんだから、ボールを持ったままじゃどうにもならない、ということですね。

先生

それから、もうひとつ。

何か相手が「ふうん、そうなんだ〜」って興味を持ってくれるようなコトを書いてあげると、ポイントが上がるかな。雑学というか、そんな感じの内容。

この流れだと、紅葉に関するネタがいいですね。
例えば、こんな感じ。

『大阪だったと思うんですが、紅葉の天ぷらっていうのがあるんですよ。○○さんは知っていますか?天ぷらというより、甘くてお菓子みたいだそうです。その辺の紅葉を拾ってきて天ぷらにしちゃ、やっぱりマズイかなあ。』

ジロー

ちょっぴり冗談をまじえつつ…というのがミソですね。
僕も早速、雑学の本を買ってきてネタを仕入よっと。

▲上へ


出会いメール基礎編

出会いメール中級編

出会いメール上級編

ラブサーチ攻略法

悪質な出会いサイトに注意

出会いメール体験談

相互リンク


モテテクを学ぼう